足切り点

6月 19, 2015 by admin
「足きり点に引っかかって、不合格になった」という話は時々聞かれます。「足切り点」とは、いったいどういうものなのでしょうか?足きり点とは、中学校の入学試験において、各教科に定められた合格の基準点のことを言います。通常中学校の入試では、入試科目の総合点を見て、その全体のバランスから合否が決まりますが、中には、1科目ごとに合格基準点をもうけており、それに1点でも達していなければ、不合格にする中学校もあります。

それが足きり点と呼ばれるものです。あし切り点は、極端に高い学校は少なく、おおよそ平均点の半分以下をラインにするなど、それほどハードルの高いものではないのが通常です。せっかく、3教科でいい点数をとっても、1教科が基準点に達していなければ不合格になってしまうのは、非常にもったいないことです。足きり点に引っかからないように、どの教科もバランスのとれた点数が取れるよう、よく計画して受験勉強をすすめておく必要があります。当然苦手科目もあり、他の科目でカバーすることも大切ですが、最低ラインは越せるようにして、他の得意な教科はできるだけ高得点を狙う勉強法が必要になります。足切り点を特別意識する必要はありませんが、必要以上に苦手な科目を作らない努力は重要です。

Sorry, the comment form is closed at this time.