一般入試

6月 19, 2015 by admin
一般入試とは、主に筆記試験のみで入学試験を行う方式のことです。入試の中でも、もっともポピュラーな受験のスタイルになります。クラブの成績や先生の推薦文、指定校推薦制度を利用した推薦入試とは異なり、当日の筆記試験の点数のみで合格・不合格が決まります。これまでの成績の良し悪しに関わらず、本番の試験次第で明暗が分かれるので、勉強が大変になる部分もあります。しかし、学業やスポーツ、文化活動で目立った成績をおさめられていなくとも、試験対策をしっかりと行い、よいテストの結果を出すこ
とができれば合格することできる可能性があるのです。

また、学校によっては受験科目を選ぶことができます。苦手な科目を省き、得意な科目のみで受験できれば、合格の可能性はより高まるでしょう。一般入試で合格すれば、現在の学力と同等の学校に入学できるので、中学に入学した後も、学校の勉強についていくことが容易である可能性があり、メリットも多いのは事実です。一般入試を狙うためには、長期的に自分の成績の推移を確認し、計画的に勉強を進める必要があります。また、当日、万全の健康状態で受験ができるように、自己管理をしていく必要がありますが、そこをクリアすれば、自分に合った学校を多く受験することが可能です。

Sorry, the comment form is closed at this time.