ミッション・スクール

6月 19, 2015 by admin
ミッション・スクールとは、一般的にはキリスト教系の学校のことをいいます。日本でも北は北海道、南は沖縄まで全国に存在し、珍しくはありません。特に、女子校にミッション・スクールは多く、偏差値は高い傾向があります。ミッション・スクールは、本来はキリスト今日の伝道を目的として設立されたものを指しますが、現代ではその限りではありません。キリストの教えに基づいた教育や福祉活動がなされてはいますが、伝道自体は目的としていないミッションスクールは多くあります。キリスト教でないと、もしくは洗礼を受けていないと入学できないと思っている人もいますが、キリスト教である必要性はありません。

ミッション・スクールは、カトリック系とプロテスタント系に分かれます。プロテスタント系の学校は、その性質から、宗教色がカトリック系と比較して少ないように感じる人も多いと思いますが、実際はそうとも言い切れません。「日曜礼拝」が厳格に義務付けられているのは、むしろカトリック系よりプロテスタント系の方が多いのです。日曜礼拝が義務づけられているプロテスタント系の中学校は、もし、日曜に中学入試が合った場合、入試日を月曜に変える、いわゆる「サンデーショック」があることで知られています。

Sorry, the comment form is closed at this time.