併願受験

6月 19, 2015 by admin
併願とは中学受験をする際に、二つ以上の中学校に願書を提出することです。つまり、2校以上の入学試験を受けることが併願受験です。一方、志望校を一つに絞り、1校だけ受験することを単願受験といい、もし、そこが不合格になった場合は、公立中学校に通うことになります。併願受験のメリットは、入学試験に不合格になり、私立中学校に入学できないリスクを減らすことです。万が一、第一志望の中学校に落ちてしまったとしても、別の中学校へ入学できる可能性があります。そのためにも、併願校には、第一志望よりも比較的難易度の低い学校を受験するのが通常です。

俗にいう 「すべり止め校」ですが、それとは別に、第一志望校の試験の前の練習として、併願校を受験する生徒も多くいます。いきなり第一志望校の試験を受けると、緊張してしまい、自分の実力を十分に発揮できない場合があるため、その予行練習として第一志望外の受験をすることは有効です。それによって、本命校の受験では、少しでも自然体で臨むことができ、よりよい結果を得られる可能性が高まります。併願受験をする学校に単願受験をする生徒もいますから、受験時には「ここはすべり止めだ」と言った誤解を生むような発言には気をつける必要はあります。

Sorry, the comment form is closed at this time.