推薦入試

6月 19, 2015 by admin
推薦入試とは、 今在籍している学校から推薦を受けて、志望校を受験する受験方式のことです。一般的な入試では、筆記試験と共に、学業やスポーツ、文化活動などの分野での成績、または面接も含めて、全体で合否を判断する形式のものが多いのですが、推薦入試では筆記試験に重きがあまり置かれません。苦手科目の多い生徒や、他の分野で特別な成績をおさめている生徒であれば、推薦入試制度を利用するメリットは大いにあります。

推薦入試には、主に「公募推薦」と「指定校推薦」の2種類があります。「公募推薦」の場合は、在学中の学校の先生や周囲の大人たちに推薦文を書いてもらった上で、学校から志望校に推薦してもらいます。一方「指定校推薦」では、ある学校からの合格者数が毎年多い、または優秀な成績をおさめた先輩が多い場合に、「特定の出身校からは、毎年指定人数を合格させる」といった約束が取り交わされ、それを利用して合否が決められます。つまり、指定校推薦であれば、合格する可能性はより大きくなります。ただし希望者も多いため、指定校推薦の人数枠を超えることも多く、制度を利用したいと思っている生徒は、普段から、推薦枠に入ることを考慮した成績をおさめていくことが大切でしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.