私立中学校の教育費用

6月 19, 2015 by admin
晴れて、中学入試も無事に終わり入学となったら、今度はお金の準備が必要になります。「入学手続時納付金」つまり「入学金」です。東京都が発表している資料によると、東京都私立中学校の入学金は平均25万4634円だそうで、それ以外にも寄付金などを募るケースがほとんどです。寄付金は任意ではあるものの、平均14万5061円といいますから、心の準備が必要です。また、入学金の次は、授業料の納入が待っています。

私立中学校の授業料は、年間平均45万3992円で、他にも、「施設費」は別になっています。施設費の平均は4万4572円で、中には25万という学校もあるそう。また、PTA会費や生徒会費、修学旅行費用なども入れると、さらに費用がかさみ、入学金以外で年に平均67万円が必要とされています。(大阪の授業料は平均65万というデータがあるので、全国的に変わりはないと考えてよいでしょう)

他にも電車などで通学する場合は定期代も考慮に入れておく必要があります。また、私立の中学校に入学するためには、進学塾に通う場合がほとんどで、塾代も高学年になるにつれて高くなりますから、計画的にお金を準備していくことが必要になるでしょう。そういった受験までの費用も含めて、いざというときに慌てないようにしっかりと準備していくことが大切です。晴れて、中学入試も無事に終わり入学となったら、今度はお金の準備が必要になります。「入学手続時納付金」つまり「入学金」です。東京都が発表している資料によると、東京都私立中学校の入学金は平均25万4634円だそうで、それ以外にも寄付金などを募るケースがほとんどです。寄付金は任意ではあるものの、平均14万5061円といいますから、心の準備が必要です。

また、入学金の次は、授業料の納入が待っています。私立中学校の授業料は、年間平均45万3992円で、他にも、「施設費」は別になっています。施設費の平均は4万4572円で、中には25万という学校もあるそう。また、PTA会費や生徒会費、修学旅行費用なども入れると、さらに費用がかさみ、入学金以外で年に平均67万円が必要とされています。(大阪の授業料は平均65万というデータがあるので、全国的に変わりはないと考えてよいでしょう)

Sorry, the comment form is closed at this time.